Top > 中学受験での中堅校の役割

中学受験での中堅校の役割

中学受験では、受験に失敗した場合にも公立中学に行くことができますから、必ずしも滑り止めの学校は必要ではありません。しかし、中堅校というものは存在しています。普通の中学というよりも、公立中学よりは多少レベルが高く入学しにくいが、抜群の進学実績を誇るほどでもないような中学を言います。

中学受験で中堅校を受けるメリットとしては、難関中学に落ちてしまった場合でも、公立中学よりは良質な教育水準が期待できるというメリットがあります。
また、難関中学とは異なり、合格できる可能性が高くなるというメリットもあります。
ただし、抜群の進学実績を誇るわけでもないので、割に合うと感じるかどうかは保護者次第でしょう。

中学受験の中堅校に多いパターンは、高い学力を身につけさせて、難関大学に合格できるようにするという中学ではなく、高校はもちろん、大学までエレベーター式に進学できるところも多いです。
受験する必要がなくなるので、安全に大学にいけるということです。
詳しくはこちら→中学受験を失敗しないためにで書かれています。

関連エントリー